秋田県湯沢市

  1. HOME
  2. 秋田県湯沢市

国内で23年ぶりの
大規模地熱発電所が運転開始

湯沢市は、「地熱のまち“ゆざわ”」として、長年にわたり、地熱の活用を積極的に推進しています。湯沢市には、上の岱地熱発電所に加え、2019年5月に国内では23年ぶりの大型地熱発電所となる山葵沢地熱発電所が運転を開始しました。設備容量は4万6,199キロワットと、一般家庭約9万世帯分の電気使用量に相当します。
湯沢市内では、市有温泉井から温泉旅館への温泉供給に加え、地熱水を使った農業ハウスでは、ミツバやパクチーの栽培が行われています。更に、地熱水は、牛乳の低温殺菌や農産物の乾燥施設にもに活用されるなど、幅広く産業振興にも役立てられています。

山葵沢地熱発電所事業者:湯沢地熱株式会社
発電方式:ダブルフラッシュ方式
設備容量:46,199キロワット

豊富な地質資源と観光振興

また、市内全域に小安峡大噴湯や川原毛地獄、院内銀山など特色ある地質資源が豊富です。2012年に「ゆざわジオパーク」が、NPO法人日本ジオパークネットワークから認定され、多くの観光客を誘致しています。湯沢市ジオパーク推進協議会では、ジオツアーの主催、観光客のガイド、講演会、ジオパークのPRイベント等の活動を行っています。
地熱資源開発を取り巻く諸問題に関しては、開発事業者と湯沢市、学識経験者、地域住民、自然保護団体、温泉事業者等の関係者が地熱開発に対する合意形成の場を構築することを目的に、地熱資源活用協議会を設置しています。また、市民向けの見学会や地熱講演会を実施することで、地熱開発の理解を深めています。

写真:川原毛地獄

写真:ミツバの水耕栽培(湯沢市皆瀬地区)

ACTIVITY活動報告

湯沢市
2020.7.1
地熱乾燥さくらんぼ『ミッチェリー』を是非、お試しあれ!
6月下旬から7月上旬頃にかけて旬を迎える湯沢市のさくらんぼ。秋田県立湯沢翔北高校の生徒さんが、湯沢市皆瀬(みなせ)地区の地熱を活用した乾燥さくらんぼ作りに取り組んでいます。詳細は、下記リンクからどうぞ。

MORE
湯沢市
2019.11.20
湯沢市において温泉発電の調査及び熱水利用講習会を実施
2019年11月12日(火)~13日(水)、JOGMECより湯沢市に専門家を派遣し、同市内での温泉発電実施可能性調査(現地調査)を行いました。また、湯沢市役所関係者を対象とした熱水利用講習会を開催し、専門家から熱水を活用した産業振興事例等を紹介しました。
MORE
共通
2019.12.23
「エコプロ2019」で地熱開発のモデル地区紹介コーナーを設置
2019年12月5日(木)~8日(土)に東京ビックサイトで開催された「エコプロ2019」において地熱開発のモデル地区への支援状況等について紹介しました。紹介コーナーでは、パネルでの展示、各自治体の観光、物産等のパンフレットを配布し、地域の魅力発信を支援しました。
MORE

LINKSリンク