北海道茅部郡森町

  1. HOME
  2. 北海道茅部郡森町

北海道唯一の
大型地熱発電所と農業利用

北海道森町は、北海道で唯一の大規模地熱発電所である森発電所が立地しています。操業開始は、1982年11月、設備容量は一般家庭5万世帯分の電気使用量に相当する25,000キロワットです。
森発電所からの地熱蒸気の生産時に副次的に発生する熱水を真水と熱交換することでできる温水を園芸ハウス施設に供給しています。園芸ハウスでは冬11月から翌6月にかけて春トマトとキュウリを、6月から11月頃にかけては秋トマトだけを生産しています。
地熱と温泉熱利用の園芸ハウスで生産されるトマトは森町の作物別販売額1位の基幹作物となっています。

森発電所事業者:北海道電力株式会社
発電方式:ダブルフラッシュ方式
設備容量:25,000キロワット

園芸ハウス生産されたトマトは、野菜として販売されるだけでなく、トマトピューレやジュースに加工され、ふるさと納税返礼品としても好評です。また、森町で生産されるトマト、ホタテ、豚肉でつくる森町オリジナルハヤシライス「森らいす」が開発され、町内の飲食店や宿泊施設8店舗で提供されています。

また、地元町内会・農事組合、温泉事業者及び地熱利用ハウス組合から構成される地熱開発事業濁川地域連絡協議会が組織されており、地熱開発事業を通じた地域のさらなる発展を図るため、安定的な地熱資源利用、自然環境保護、熱水利用事業の円滑な推進に協働で取り組んでいます。

写真:園芸ハウス(森町濁川地区)

写真:森らいす

ACTIVITY活動報告

森町
2020.12.4
森発電所を含む新エネルギー施設見学ツアー開催!
森町では、10月~11月に計5回、小中学生を対象に町内の新エネルギー施設である森発電所、地熱利用熱交換施設、マイクロ水力発電施設、太陽光発電所等の見学ツアーを開催しました。同ツアーは、新エネルギーについて学ぶ機会として、平成27年度から毎年実施しているものです。ツアーの様子は、以下のリンクからご覧ください。
MORE
共通
2020.10.23
初のオンライン開催『地熱シンポジウムin札幌』
去る10月19日(月)、札幌市において、初のオンライン開催となる『地熱シンポジウム』が開催され、多くのみなさまにご視聴いただきました。下記のリンクからアーカイブの視聴・資料のダウンロードができますので、お見逃しの方は是非アクセスを!地熱モデル地区の話題も出ています。
MORE
共通
2020.9.25
『地熱シンポジウムin札幌』を10月19日(月)に開催します!
このたびJOGMECは、地熱資源に恵まれ、今後の地熱開発が期待される北海道にて地熱シンポジウムを開催します。今回は初のオンライン開催で、10月19日(月)14時から配信予定です。モデル地区に認定された北海道森町、岩手県八幡平市の関係者も登壇します。下記のリンクにアクセスいただき、是非、事前登録とご視聴をお願いします!
MORE
森町
2020.9.4
森町の地熱関連動画制作秋季撮影開始!
今年2月からスタートした森町の地熱利活用をはじめ、名所、風景などの魅力をPRする動画制作プロジェクトにおいて、10月から秋季の撮影及びこれまでに撮影した映像を用いた動画制作を行います。製作する動画は、森町来訪者向けの紹介映像15分版とSNS用5分版であり、2020年度中に本ウェブサイトにてご紹介する予定です。乞うご期待!
 
森町
2020.5.12
森町が令和元年度『北国の省エネ・新エネ大賞』を受賞
地域の企業、自治体、農業者が一丸となって、大規模にエネルギーの地産地消に取り組む森町が、北海道経済産業局が主催する令和元年度『北国の省エネ・新エネ大賞』を受賞しました。
MORE
森町
2020.2.20
森町の地熱関連動画制作を開始
2020年2月18日(火)~19日(水)、JOGMECは、森町向けの地熱関連動画制作を開始しました。今回は、冬の森地熱発電所、濁川地区のハウス群の撮影や森らいす普及協議会へのインタビュー収録等を行うとともに、森町の名所、風景などの撮影を行いました。2020年後半の完成に向けたプロジェクトがスタートしました。
共通
2019.12.23
「エコプロ2019」で地熱開発のモデル地区紹介コーナーを設置
2019年12月5日(木)~8日(土)に東京ビックサイトで開催された「エコプロ2019」において地熱開発のモデル地区への支援状況等について紹介しました。紹介コーナーでは、パネルでの展示、各自治体の観光、物産等のパンフレットを配布し、地域の魅力発信を支援しました。
MORE

LINKSリンク